カードケースのソフトタイプとハードタイプの違い

カードケースはネックストラップの付属パーツの中でも特に重要なパーツのひとつです。自分の用途にあったカードケース付きネックストラップを作りたい人に向けて、カードケースのソフトタイプとハードタイプの違いを詳しく説明します。

素材(および耐久性)の違い

ソフトタイプのカードケースはやわらかいソフトビニールを使用しています。ソフトビニールは一般的にポリ塩化ビニルという素材を薄く柔らかく加工して作られており、防水防塵性に優れ、衝撃に強く、落としても破損しづらいのが特徴です。強く引っ張るとちぎれたり伸びたりする可能性があるため、パーツを通す穴の部分には力を加えすぎないようにしたほうがよいでしょう。また、熱や太陽光に長時間さらすと変色、劣化の原因となります。

ハードタイプのカードケースは、丈夫なポリプロピレン製です。硬く強度が高いので、紙製のカードでも折れ曲がったり破損したりすることなく保護し、中に入れた名刺やカードを綺麗な状態で保存できます。強い衝撃によって表面に傷がついたり、ヒビ割れをする可能性がありますが、無理な使い方をしなければ問題ありません。固い素材のため、ポケットやカバンにしまう際、スっとしまえて便利です。表面には光沢感がありしっかりとした印象を与えます。ソフトケース同様、長時間太陽光にさらすと劣化の原因になるので注意しましょう。

サイズの違い

J&Cサプライのカードケースは、ソフトタイプが5種類、ハードタイプが1種類の、合計6種類から選べます。

ソフトタイプは、スタンダードな名刺サイズ(79×97mm)、少し大きめタイプ(90×115mm)、縦横両用マルチタイプ(72×105mm)、チャック付きで便利なタイプ(95×100mm)、チケットやパスポートが入る大きなタイプ(162×103mm)となっています。さまざまなサイズ、タイプがあり用途に応じて使い分けられます。

ハードタイプのカードケースは、カード類がちょうどぴったり収まるサイズ(73×92mm)となっています。

ソフトタイプの方がサイズのバリエーションが豊富で、イベントチケットなど大きなものを入れられるサイズもあります。ケースの中にどんな大きさのカードを入れるのかに応じて適したものを選びましょう。

重さの違い

J&Cサプライのカードケースはハードタイプ、ソフトタイプともに首から下げても負担にならない、とても軽い素材でつくられています。ソフトケースの素材であるポリ塩化ビニルとハードケースの素材であるポリプロピレンの比重を比べると、ポリ塩化ビニル約1.4、ポリプロピレン約0.9となっています。同じサイズのカードケースであればハードタイプのケースの方が軽いことになりますが、体感する重さに違いはないでしょう。そのため、実際に使用する上では、中に入れるカード自体の重さや、ネックストラップ本体の重さが重要となってきます。

価格の違い

ソフトタイプのカードケースとハードタイプのカードケースの価格を比べると、一般的にはハードタイプのケースの方が価格が高くなります。

J&Cでは、ネックストラップにオプションとして追加する場合、ソフトタイプの79×97mm、90×115mm、72×105mmの3つのサイズは、無料で追加できます。そのほかに、チャックが付いたケース(95×100mm)は単価21円、チケットやパスポートが入る大きめのケースは(162×103mm)は単価32円、ハードタイプのカードケース(73×92mm)は単価25円で追加できます。

デザインや機能面でそれほどこだわりがなければ、無料で追加できるソフトタイプのカードケースを選ぶほうが、よりお得に注文できるのでおすすめです。

用途の違い

ソフトタイプのカードケースとハードタイプのカードケースはそれぞれ適した用途があります。

ソフトタイプのカードケースは、柔らかく加工された素材なので、スポーツイベントや屋外でアクティブに活動するようなシーンでも安全に使用できます。また、子どものいる場所や子どもが使うときにも適していると言えるでしょう。薄いソフトケースはコンパクトに保存できるうえ、価格も安いので、多くのカードケースが必要な場合に特におすすめです。さらに、わずかに伸縮性があるため、カードによっては複数枚収納できるのもメリットです。

ハードタイプのカードケースは、表面に光沢があり、シャープな印象を与えられるため、ビジネスシーンでの使用におすすめです。カードを取り出す時は、スライドさせるだけで簡単に中のカードを取り出せるので、カードの出し入れを頻繁にする場合に適しています。

まとめ

弊社で取り扱っているソフトケースとハードケースの特徴を一覧にしました。

種類 ソフトケース ハードケース
素材 ポリ塩化ビニル ポリプロピレン
耐久性 防水防塵性があるうえ、衝撃に強く落としても破損しづらい 固く強度が高いので、中に入れた名刺やカードを折れ曲がったり破損したりすることなく保存可能
サイズ(外寸) 5種類
79×97mm
90×115mm
72×105mm
95×100mm
162×103mm
1種類
73×92mm
重さ やや重い 軽い
価格 安い やや高い
用途 イベントや子どもがいる場所で安全に使える
サイズやタイプが豊富でさまざまなシーンで活躍
高級感やシャープな印象を与えたい時におすすめ
中のカードを確実に保護できる