ネックストラップに使われる紐の種類と特徴まとめ

ネックストラップの紐の種類には大きくわけてナイロンとポリエステルの2種類があります。それぞれの特徴を理解いただき、作成するネックストラップにベストな素材をお選びください。

ナイロン

ナイロンは1935年にアメリカのデュポン社で開発された世界で初めての合成繊維です。日本では1941年に東洋レーヨン(現・東レ)にて生産が開始されました。非常に軽く、弾力性に富み、強度も強いため、スポーツウェアやストッキング、カーテン、カーペット、ギターの弦、釣り糸など、さまざまな分野で使用されています。また、なめらかで光沢があり発色性にも優れ、ネックストラップにはもってこいの素材となっています。

ポリエステル

ポリエステルは1941年にイギリスで誕生し、日本では1958年より生産が開始されました。化学繊維のなかで一番多く生産されている繊維で、洋服、寝具、インテリアなど幅広い分野で使用されています。非常に強度があり、磨耗に強く、弾性力もあり、伸び縮みしたり、型崩れすることがありません。また光にも強く、長時間日光に当てていても黄ばんだり色落ちすることがありません。吸湿性にも優れており濡れてもすぐ乾きます。

その他の素材(レザー、シリコン、ソフトビニールなど)

そのほかの素材としてレザー、シリコン、ソフトビニールなどがあります。レザーには本革と合皮(PUレザー)の2種類があり、どちらも大人向けの高級感溢れるネックストラップを作成できます。オリジナルデザインをフルカラー印刷することも可能です。またシリコン、ソフトビニールは非常に柔らかく、汚れてもさっと水拭き、水洗いして洗浄できます。清潔さが求められる医療現場や水まわり仕事(プール、清掃現場など)でよく使用されています。