ネックストラップで肩がこらない方法

肩コリ、首コリの原因は?

肩コリや首コリに悩まされている社会人の方は多いのではないでしょうか。私もその一人です。毎日ストレッチをしても、湿布を貼っても、肩回りがスッキリしたことが殆どありません。ネックレスやマフラー、ショルダーバックなど、首や肩回りに掛けるものって意外と多いいんです。しかも、パソコンに向かい合いながら座りっぱなし、営業で重い鞄を肩から下げて移動など、肩コリの原因はたくさんあります。

肩コリや首コリが酷くなると、頭痛や吐き気などの症状が出て仕事に支障をきたす事になるかもしれません。最近では、ネックストラップを社員証入れに使用している会社が多いいですが、実は使い方によっては肩コリや首コリの原因になります。携帯電話などの重いものを下げていれば尚更です。

そもそも、肩コリと首コリは何故起きるのでしょうか?同じ姿勢や同じ筋肉を使い続けると、筋肉の中で酸素が不足して乳酸等がたまり、筋肉が硬くなります。それが肩コリ、首コリのような不快感になります。コル所がいつも同じ人は要注意です。その部分の末梢神経がダメージを受けているかもしれません。硬くなった筋肉や乳酸により、末梢神経が圧迫されてダメージを受けます。末梢神経は痛みやしびれを脳に伝えるための神経なので、痛みを感じるようになります。

このように、常に、首周りに何かを下げている場合は、肩コリや首コリが悪化しないように注意する必要があるようです。

ネックストラップ肩コリ

肩コリとネックストラップの関係

ネックストラップに下げる物といえば、「社員証」「携帯電話」など仕事中は必ず必要な物になりますよね。休憩時間はネックストラップを外したとしても、勤務時間中の8時間以上を週5日間、首から下げっぱなしということになります。

どのくらいの重さを首から下げているかというと、
ネックストラップ本体:約15グラム
社員証:約35グラム
これは卵1個を、長時間首から下げていることと変わりません。

女性の場合は、更にネックスレス、ショール、バックなど肩回りにかける物が多すぎます。想像しただけでも、肩や首に大きな負担がかかることがお分かり頂けると思います。しかも、首に直接重さがかかるネックストラップは、同じ所の筋肉を長時間使うので、酷い肩コリや首コリの原因になりかねません。そのため、首や肩に負担がかからないような使い方が必要になります。

ネックストラップ肩コリ

肩コリが軽減するネックストラップのパーツ

長時間ネックストラップを使用する方には、同じ筋肉に負担がかからないようにするパーツを付けたり、ちょっとした工夫で肩コリや首コリが軽減されます。元々パーツがついているのに、上手く活用できていない方もいるのではないでしょうか。お持ちのネックストラップと比べながら、「肩コリ解消おすすめパーツ」をご覧ください。

カードクリップ
胸元のシャツの所にクリップで止めれば、社員証も良く見えますし、他の人とほぼ同じ位置に社員証がくるので違和感がありません。そして、クリップで止めることで、紐が首に直接触れないようにゆとりをもって使用することもできます。
ジョイントパーツ
簡単に取り外しができますので、不必要になった物はすぐに外して、必要な時だけネックストラップに取り付ければ肩や首のコリを軽減できます。
リールクリップ
最長で600㎜伸びるので、普段は携帯電話などを胸ポケットにしまっておいても、リールクリップがあれば必要な時にすぐ使用できます。首から下げる必要のない物はズボンのポケットにしまっておき、リールクリップで必要なときに取り出すことができます。落下も防止できるので安心です。
長さ調整パーツ
ネックストラップの長さが自分の体にあっていない場合、紐が無駄にぶらぶらしてしまい首に負担がかかります。長さ調整パーツがあれば、その人だけのジャストサイズで使用することができますので、首や肩の不快感が軽減されます。
安全パーツ
ネックストラップに強い負荷がかかると自動的に外れますので、首回りの大怪我から身を守ることができます。

「肩コリ解消おすすめパーツ」は、とても小さなパーツですが、使い方次第ではとても大きな存在になります。毎日使用していると、うつむいたり、かがんだりするだけでネックストラップが顔の前に垂れてきて、首に負担がかかったり、煩わしく感じたりすることもあると思います。見た目のデザインも大事ですが、使用する方に負担がないようにしてあげる気遣いはとても嬉しいものです。是非、社内でネックストラップの楽な使い方を伝授してあげてください。

まとめ

お持ちのネックストラップにパーツを追加したり、新しくネックストラップをお作りになる時のご参考にして頂ければ嬉しいです。社会人につきものの肩コリ首コリは、日々使用している物をちょっと工夫するだけで軽減することができます。ネックストラップのパーツを上手く利用して、肩コリや首コリを軽減し、仕事に集中できる環境を整えたいですね。あとは、休憩時間などで肩回りの軽い体操をすれば万全です!